2021/6/232か月で3言語学ぶ!?実務を通して成長する、新人エンジニア

インターンエンジニア入社直後学び

インターン生のインタビュアー

KOMADOのインタビューを最近担当しています、MDインターンのFです。 今年の春から、新しいパートさんやインターン生が続々とMogicに入っています。今回はその1人、4月にエンジニアインターンとして入社したKさんへのインタビューです。入社して2か月のKさんに、Mogicを選んだ理由や、実際に働いてわかったことなどを聞いてみました!

簡単に自己紹介をお願いします。

4月に入社したKです。大学でも情報系のことを学んでいて、専攻はソフトウェアです。趣味はゲームで、対戦系のものをよくやります。

Mogicに応募した決め手は何ですか?

実務に関わる機会が多そうだったからです。大学では1人でプログラムを作るだけだったので、インターンでは実際の開発のイメージをつけたいと思っていました。それから、研修や教育が充実していそうなところも魅力でした。

面接はどうでしたか?

1次面接を通過した後、2次面接で提出する課題に取り組みました。でも、完璧に作ったプログラムが2次面接の当日に動かなくなってしまいました。面接では作ったプロセスや考え方を必死に説明しましたが、「終わった……」と思いましたね。採用の通知を見たときは驚きました。

入社後にギャップはありましたか?

アットホームそうだなと思っていましたが、想像以上にアットホームでした。仕事の話をするだけじゃなくて雑談も多くて、仲が良いのがわかります。良い意味で普通の会社と違って、堅苦しくないです。

最近はどんなお仕事をしていますか?

課題で、Web上で動く掲示板を作っています。今まで触れたことのなかったプログラミング言語で書いているので、苦戦しています。大学では1年間で1つの言語をじっくり学んでいたんですが、インターンを始めて2か月の間に、新しい言語を3つも使っています。大変ですが、自分で考えて何かを作るのが好きなので楽しいです。

今後頑張りたいことを教えてください!

プログラミングを頑張るのはもちろん、コミュニケーション力をつけたいです。遠慮して自分からコミュニケーションを取れないところを改善していきたいです!

採用募集

随時募集中の採用情報もございます。Mogicで働いてみたい方はMogic公式サイトのリクルートページをご覧の上ご応募ください!

※2023年度の新卒募集は現在準備中ですので、詳細は追って掲載いたします。

Instagram